CBDは効きすぎる?過剰摂取は心配ないけど用量を守りましょう

CBDは効きすぎる心配はある?過剰摂取は基本的に心配ない!

アメリカの健康業界でブームとなっているCBDですが、最近は日本でも注目度が上がっています。

植物の天然物質なので、自然療法でも使われていて、痛みやストレスの緩和が可能で、リラックス効果も期待できます。

THCと比べて構造式の中で一部の環状部分が開いています。医学的研究や薬理学的研究は、すでに1000件以上になります。

体内には、人間が地球上で生きていくために必要な身体調節機能が備わっています。身体調節機能は食欲や免疫調整、感情抑制などの機能を持ち細胞同士のコミュニケーションをサポートします。

外部から強いストレスを受けたり、年齢を重ねて老化が進むと身体調節機能は弱くなります。

CBDは全身にある受容体に働きかけ、本来の身体調節機能を正常に戻します。

世界中の様々な企業が製品化していますが、大きく分けてオイルタイプトクリームタイプに分かれます。オイルの場合は舌下に垂らして口の中に含み吸収させます。

皮膚の脂肪には受容体があるため、クリームタイプを塗る人もいます。精神活用作用がないため、効きすぎる心配はないです。

CBDは安全性の高い成分で副作用や過剰摂取も基本的に心配はないものの、気を付ける部分はあります。

CBDの副作用・用量を守って使用するのが鉄則

CBDは安全性が高く基本的に副作用はないものの、過剰摂取により様々な症状が出るケースもあります。

報告されている副作用では強い眠気や食欲の減退、下痢などがあり人によってはイライラが続きます。

安全な医薬品でも副作用については記載されています。

症状の重い症状が起こる可能性は低いですが、購入した製品を使用する場合は用量を守って使用するのが鉄則になります。

製品の効果には個人差があるので、用量を守って使用しても体の変化を感じる人はいます。

そのような場合は一旦使用を中止し、薬剤師や医療機関に相談して適切なアドバイスを受けます。

日本人はアレルギー疾患で悩む人が多い国です。CBDはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患は花粉や食品、ハウスダストなどが代表的な原因です。

オイルにはアレルギー反応を引き起こす成分が含まれているので、ごくまれですがアレルギーが出る人もいます。CBDが引き起こすアレルギー症状は、植物が原因となる季節性のアレルギーに似ているという特徴があります。

オイルやクリームを利用して鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどの症状が出た場合は使用を中止します。

CBDを大量 摂取するとどうなる?1日1,500mgまで安全と判明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です