CBDは吐き気の抑制作用はストレスの緩和が関係している!

カンナビジオールを知っていますか。アサ科の植物由来の天然成分のみで作られている化合物で、医薬品やサプリメントなどのように副作用を感じずに様々な薬効が期待できるとして世界中から注目を集めています。

海外では転換や不安、不眠の緩和、慢性疼痛に対して症状緩和したということが、研究結果が学術誌で出ています。

CBDの「吐き気抑制作用」はストレス緩和がカギ

また、研究によって症状緩和が認められたといわれている症状として、吐き気を緩和する働きがあると知っていましたか。

この場合食べすぎによるものではなく、ストレスによる吐き気の緩和です。

カンナビジオール、通称CBDを使用することによって、ストレスが緩和されることで知られています。

ストレスを緩和することにより、リラックスできるようになって吐き気の症状を抑えることがわかってきました。

なお、二日酔いや抗がん剤を使用しているがん治療の最中に感じる場合にも、効果が期待できるとして関係者から関心を抱かれるようになりました。

がん治療で抗がん剤の副作用は多々知られていますが、どうしても耐えられないとして途中で治療をやめてしまう場合があるといわれています。

副作用を抑えるために医薬品を使うことはできませんが、CBDであれば医薬品ではなく、サプリメントやオイルなどで天然成分を取り入れることが可能です。

相互作用などについて不安を感じることなく取り入れることができると、考える人が少なくありません。

症状を抑える効果が期待できるうえに、天然成分だけなので安全といわれていますが、適量をとらなければ却って身体に負担をかけてしまうと知っておいてください。

適量といわれているのは、個人によって多少量が異なるため正確な量が出ているわけではありません。

ただし、過剰に摂取することによって副作用によって別の吐き気が出てきてしまいます。

そのため、摂取する量は過剰にしないことが必要です。

自分にとって最良の摂取量を調べておくことで、効果を実感しやすくなります。その量を自分で調べることは必要ですが、少量ずつ取り入れることが必要です。

ただ、最大で1日1500ミリグラムの摂取が可能といわれています。

平均的な摂取量としては1日25ミリグラムとなっていますが、この量でも多いと感じる場合は少量から始めたほうがいいでしょう。

日常的に摂取していると、大量にとってもそれほど副作用を感じなくて済みますが、初期であれば低濃度であっても副作用を感じる可能性が高いです。

そのため、適量を知るためには自分自身で少量ずつ取り入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です