CBDがスポーツ界で使われ始めているワケ

海外のスポーツ界では、近年CBDオイルを使用するプロのアスリートが増加しています。

使用者が増加している理由の一つは、世界アンチドーピング機関WADAが禁止薬物のリストからCBDを外したからです。

CBDオイルには、疲労回復や筋肉痛の緩和効果があるとされています。

そのためアスリートの運動能力に影響を与える成分として、WADAは使用禁止薬物のリストに登録していました。

しかし2018年に、WADAは使用禁止リストの見直しをしてCBDは除外されました。

これによりアスリートがCBDオイルを使用してもドーピングには当たらないとされたため、海外のスポーツ界では使用者が増えています。

CBDオイルの良いところは、疲労回復などの効果だけではなく鎮痛剤の代替になるからです。

CBDがスポーツ界で使われ始めているワケとは?

けがの痛みを軽減するために用いられる鎮痛剤ですが、服用し続けていると耐性がつきます。

最初は1錠で効果を実感できた鎮痛剤も、使い続けていると1錠では効かなくなり2錠や3錠と増え続け、一度に8錠飲まなければ効果が現れないケースもあります。

常識では考えられないほど一度に服用する状態になると、鎮痛剤の中毒や依存症と言っても過言ではありません。

特に選手同士が激しくぶつかり合うアメリカンフットボール、力強い打撃を繰り返す総合格闘技を行うアスリートの多くは、日常的に鎮痛剤を服用し危険性が指摘されていました。

CBDオイルは鎮痛剤と同じような効果がありながら、依存性は低いため、WADAの使用禁止リストから除外されて以降、総合格闘技のスター選手やアメリカンフットボールのトッププレイヤーも公衆の面前で使うようになり、声高に支持している選手もいるほどです。

試合終了後の記者会見中にペン型のデバイスで吸引する選手もいるほどですから、高いパフォーマンスを発揮し疲れた体にも効果があると感じられるでしょう。

選手が使用しているスポーツは、アメリカンフットボールや総合格闘技など激しくぶつかり合う競技だけではありません。

野球やバスケットボールなど、アメリカのメジャーなスポーツの選手の間では広く使われています。

また競技を統轄する団体の理事からも使用を認めるべきといった声が大きくなっていて、WADAの使用禁止リストからが使用禁止リストから除外して以降、海外のスポーツ界では一般的になっています。

今後は日本人アスリートの間でも、疲労回復などの目的で使用が一般的になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です