ぼーっとするようなイメージがありませんか?

CBDは「ぼーっとする」?むしろ集中力がアップする!

CBDはカンナビジオールと呼ばれる天然成分で、多くの方はマリファナをイメージしがちですがマリファナの主成分はTHC、テトラヒドロカンナビノールという成分となっています。

この成分もカンナビノイドの一種ですが、THCのような精神活性はもたらさず病気の予防や治療など、生体内に様々な利益を与えるとして注目されている成分です。

日本国内ではこの成分を利用した製品が合法的に流通しており、天然由来のオイルを配合したCBDオイルを摂取する方法が一般的です。

生体には内在する内因性カンナビノイドのと呼ばれる物質があり、カンナビノイド受容体と結合することで食欲や睡眠、記憶や気分などの生体システムが調整されています。

この成分はカンナビジオール受容体を活性化する特徴を持っているので、間接的に生体システムに関わり心身の機能に大きく効果を及ぼす効果が期待できます。

例えばストレスや不安の緩和、免疫システムの向上や食欲の増進、老化の抑制など得られる効果は様々です。

これらの効果によってうつなどの精神疾患の改善や、ニキビやアトピー性皮膚炎、消化不良や関節炎など様々な病気や症状の予防や治療にも使用されている特徴を持ちます。

初めて利用する方などはCBDを摂取することでぼーっとするのではと、不安に感じる方も多いのですが、むしろ頭をすっきりさせて集中力をあげてくれるなどの効果が期待できます。

デメリットについて・降圧剤を使っている人は注意

CBDオイルを摂取することで、ぼーっとする頭をすっきりとさせたり便秘改善など様々な効果を与える利点があると人気が高まっています。

しかし使用する上で副作用などのデメリットが起こる可能性があることもきちんと理解しておきましょう。

この成分は生体のシステムに作用して影響を及ぼす成分である以上、良い効果を得られる反面人によっては期待した効果以外のことが起こってしまう可能性があります。

実際にこの成分が配合されているオイルを使用した人の中には、低血圧や立ちくらみ、口の渇きといった副作用が報告されており、眠気や便秘が引き起こされたという人もいます。

持病があり処方薬を日常的に服用しているという場合、使用している薬の成分とCBDが薬物相互作用を引き起こしてしまう可能性は高いです。

特に肝臓で代謝される降圧剤を利用している場合、成分が薬に対して働く肝機能を抑制してしまうので、悪影響が出てしまう恐れがあります。

一般的にCBDには依存性はなく、天然由来の成分を利用していることから悪影響はそこまで大きくないといわれています。

しかし現在治療中で服用している薬があるという場合は、必ずかかりつけの医師に相談をしてから生活習慣に取り入れるようにしましょう。安全に利用するためには正しい使い方を理解して、適切に取り扱うことが重要です。

危ないことはない!選び方を間違わなければ危険性はありませんよ